龍神の神社として有名な33社の関東/関西様々な寺社や場所をご紹介

龍神 神社

龍神の神社|龍神を祀る神社・龍神が住む寺院

龍神の神社・寺院として知られる神社や寺院は多くあります。

多くの龍神様を祀っている神社は、商売繫盛・縁結び/良縁と言ったご利益で知られ、現在パワースポットとして有名な神社も多くあります。

元々龍神様を祀る神社や寺院では金運や恋愛運と言ったこと以外に、様々な開運のご利益で知られる霊験あらたかなところが多くあります。

また全国には龍神様をご祭神には列せられてなくても、龍神様の伝説がある寺社もあり、それらの伝承の地にある池や滝などには様々な龍神のご利益に預かれるという力があると言われます。

龍神様を祀る神社寺院は全国にたくさんある

日本各地に、龍神様を祀る神社や、龍神様が住んでいると言われる伝承の地に神社や寺院があるところがたくさんあります。

各地の神社などにはたくさんの龍神様の伝承がありますので、今回はそれらの中でも有名なものをご紹介いたします。

【関東】龍神が祀られる神社・寺院

関東で龍神が祀られる・住まわれるとされる神社や寺院をご紹介いたします。

荏原神社(東京都)|都内龍神パワースポット

東京都内の龍神の神社として名高い神社の一つが荏原神社(えばらじんじゃ)です。

荏原神社は元は、水神様(龍神様)を祀る奈良にある1300年以上の歴史を持つ丹生川上神社から分霊して品川の地に鎮座しています。

ちなみに、ご祭神の高龗大神(たかおかみのおおかみ)は、龍神を祀り、古くから龍神様が住まわれる聖地として知られる貴船神社と同じであり、荏原神社は貴布禰大明神(貴船の別表記)とも呼ばれていました。

荏原神社の公式ページ

田無神社(東京都)|白龍や様々な龍神様を祀る

全国的にも珍しい、五方位を守護する五龍神を祀る神社が田無神社です。

田無神社には、金龍・青龍・白龍・黒龍・赤龍が祀られています。

陰陽道や占いなどにも影響を与えた陰陽五行説に基づいてそれぞれの龍神様に役割、ご利益があるのです。

田無神社の公式ページ

箱根神社(神奈川)|九頭龍という龍神様を祀る

箱根神社は古くから龍神伝説の残る地にある神社です

箱根神社は「九頭龍神社」とも知られ、境内には九頭龍大神を祀る社もあります。

箱根神社のそばにある芦ノ湖には九つの頭を持つ龍がおられて、毒龍という周辺の民を苦しめる龍だったとされます。

奈良時代に萬巻上人がこの毒流を調伏し、福をもたらす龍神様として祀られるようになりました。

特に箱根神社の九頭竜大神は、金運守護、商売繫盛、縁結びの龍神様として古くから信仰を集めています。

他にも箱根山にある九頭龍神社の中には白龍大神を祀る白龍神社もあります。

箱根神社の公式ページ

箱根神社の龍神水

箱根神社では、縁結び、商売繫盛など開運の力や、様々な穢れを払う清浄の力を持つとされる箱根山から湧き出す霊水の「龍神水」があります。

この龍神水で口をゆすいだり、家にお祀りをすると除災招福のご利益に預かれるととても有名なものです。

江島神社(神奈川)|龍神の住む洞窟がある

江島神社は神奈川県の観光名所の鎌倉の近くにあり、多くの人が訪れる場所で、龍神伝説のある島として有名です。

江島神社に入って最初のお社の辺津宮の前には、銭洗白龍王という像があります。

その前の池ではお金を洗うと種銭となって、お金を呼ぶようになるという銭洗いができる白龍池があります。

この白龍池の霊水は龍が住んでいたという洞窟から引っ張ってきています。

龍神神社 江島神社

江島神社の摂社には龍宮(わだつみのみや)と呼ばれるお社もあります。
※ワダツミとは日本神話において海神として見られます。

龍神神社 江島神社2

この龍宮のさらに奥まで行くと、龍神が住んでいたとされ、後に弁財天様が祀られ多くの武将が戦勝祈願などをしたとされる岩屋があります。

江島神社の公式ページ

龍口明神社(神奈川)|江ノ島の龍神伝説

江ノ島の龍神伝説で現れた神社が祀られるのが、江ノ島の対岸にある龍口明神社です。

江ノ島の龍神伝説において現れる五つの頭を持つ五頭龍は周辺の人間に災厄をもたらす存在でした。

この五頭龍の祟りを抑えたのが、弁財天だとされます。

この弁財天の美しさに魅了され、一緒になりたいと考えた五頭龍に対して、弁財天は悪行を止めることを条件とします。

五頭龍はその条件をのみ、それまでの悪行を止め、人々に福をもたらす存在となり弁財天と一緒になったとされます。

弁財天はそのまま江島神社に祀られるようになり、五頭龍は龍口明神社に祀られるようになりました。

※現在江島神社のご祭神として弁財天と同一視されるイチキシマヒメ(市杵島姫命)と2柱の姉妹神で宗像三女神を祀っています。

龍口明神社の公式ページ

氷川神社(埼玉)|龍神の住む池がある神社

関東を中心に多くある氷川神社の総本社である埼玉の氷川神社は、龍神様が住まわれるとされる神社です。

氷川神社は一般的には「武蔵一宮氷川神社」と言われる神社を指しています。

この氷川神社には神池や蛇の池という池が境内にあり、そこに龍神様が住まわれるとされます。

氷川神社が一般的には「武蔵一宮氷川神社」を指すと言いましたが、埼玉県内には、古来氷川神社の一とされていた、氷川女體神社(ひかわにょたいじんじゃ)、中山神社(別名:中氷川神社)という神社があります。

これらは、武蔵一宮氷川神社を「男体社」とし、氷川女體神社を「女体社」、中山神社を「氷川簸王子社(はおうじしゃ)」とされます。

氷川女體神社には、見沼竜神社という埼玉の見沼に江戸時代まで広大に広がっていた沼に住まわれる龍神様が祀られています。

これら3つの氷川神社にはそれぞれの地に龍神伝説が残されていて、さらに3社は地図上で一直線につながっているのです。

氷川神社の公式ページ

氷川女體神社の詳細ページ

中山神社の詳細ページ

龍角寺・龍腹寺・龍尾寺(千葉県)|印旛沼の龍神伝説

千葉で有名な龍神伝説と言うと「印旛沼の龍神伝説」です。

この龍神伝説は、悲しい龍神様のお話です。

龍角寺という709年に天から降りて来た龍女によって創建されたお寺で、731年にひどい干ばつを解決するために降雨の祈祷が行われました。

すると、印旛沼の主である小龍が現れ、人々の願いを聞き雨を降らしてくれました。

しかし、小龍は本当は勝手に雨を降らしてはいけない立場で、その上の大龍の許しを得る必要があったのです。

この許しを得ずに雨を降らせた小竜は怒りを買い、殺されてしまします。

この時頭と胴と尾の3つに引き裂かれた小竜のそれぞれを祀るようになり、この地に龍角寺・龍腹寺・龍尾寺があります。

榛名神社(群馬県)

最近では群馬の中だけでなく、関東・全国的にも有名なパワースポットと言われ、多くの参拝者が訪れる神社の榛名神社(はるなじんじゃ)も龍神様と縁のある神社とされます。

元々雨乞いの神社として知られる榛名神社では、ご本殿にたどり着くまでに双龍門という龍の装飾のされた門を通り、ご本殿前に龍神が巻き付く柱があります。

さらに、榛名神社の奥にある榛名湖は竜蛇(大蛇ともされる)伝説があります。

榛名神社の公式ページ

【関西】龍神が祀られる神社・寺院

関西は古くから神社寺院があり、またそれらが創建される前からの古代の信仰の形式を残す地も多くそれらの地の中には龍神様にまつわるものもあります。

竹生島神社(滋賀県)|龍神伝説の残る島

竹生島神社は龍神が住んだといわれる島に創建された神社です。

現在でもご祭神に龍神様を祀っています。

現在では日本三大弁財天の一つとして有名ですが、龍神祭という祭りも有名な神社です。

竹生島神社の公式ページ

三井寺(滋賀県)|九頭龍神の霊泉

滋賀県の古刹の三井寺には龍神にまつわる伝説の霊泉があります。

この霊泉は、大化の改新をした天智天皇や天武・持統天皇が産湯に利用したという伝説が残る神聖な霊泉です。

この霊泉は、三井寺の金堂の近くにあり、金堂の弥勒菩薩へ閼伽水(お供えのお水)として利用されてきました。

この霊泉には九頭龍神が住まわれ、丑の刻(午前2時ごろ)になると姿を現すとされ、その時に霊泉に近寄ると神罰が当たるとされ近づくことを禁じられてきたそうです。

三井寺の公式ページ

龍穴神社(奈良県)|空海も修行した龍神伝説の地

龍穴神社は龍神伝説が数多く残る地で、龍神を呼び雨を降らした伝説(京都神泉苑にて)でも有名な空海が若き日に修行をした地としても知られます。

龍神様が住まわれるとされる穴や龍神の伝説の残る池などがある地でそれらは「九穴八海」と呼ばれ龍穴神社の近くの室生という地では古くから伝承が残っています。

龍泉寺(奈良県)|龍神が現れた龍の口がある寺院

龍泉寺は飛鳥時代の白鳳年間に創建された約1400年の歴史のある寺院です。

龍神様が住まわれるとされる泉が境内にある龍泉寺には、龍神様が現れたという伝説があります。

この龍泉寺は大峰山という修験場の聖地を開山した役小角(役行者)が八大竜王という龍神様をお祀りしたのが縁起とされます。

龍泉寺の公式ページ

天河神社(奈良県)|龍神伝説の残る地

上記で見た龍泉寺のある奈良県天川村にある、龍神伝説の残る神社が天河神社(天河大辯財天社)です。

同じく、飛鳥時代の創建というとても古くからある神社で、現在は日本三大弁財天の一社としても知られます。

この地も空海が修行をされた地としても有名です。

また、神社や神様に呼ばれるという不思議なお話はありますが、この天河神社は「呼ばれなければたどり着くことができない神社」とも言われる神社です。

芸能人の人の参拝も多くある神社で、実際たどり着け付けなかったという話はたくさんあります。

たどり着けないなんて本当かと感じると思いますが、実際そんなことは起きるものなのです。

天河神社の公式ページ

玉置神社(奈良県)|龍神水や龍神伝説もある地

玉置神社(たまきじんじゃ)はご祭神に龍神様が祀られているわけではありませんが、古くから龍神伝説がある地にあり、玉置神社のある玉置山の中腹には龍神水という霊泉があります。
※玉置神社境内に龍神水はありません。

熊野三山の奥院として修験道の霊場としても古くから信仰を集め現在では世界遺産にも登録されています。

龍神様以外にも様々な伝説がある神秘的な地であり、玉置神社のある大峰山脈には上記で見た通り様々な龍神伝説が残されています。

玉置神社の公式ページ

貴船神社(京都府)|龍神伝説で古くから有名な地

龍神を祀る神社として知られる貴船神社はご祭神に高龗神(たかおかみのかみ)と闇龗神(くらおかみのかみ)いう龍神様を祀っています。

貴船の地には龍神の伝承が多く残り、水神信仰でも関西で古くから有名です。

貴船神社の公式ページ

上賀茂神社(京都府)内の新宮神社|貴布禰神社の元

上賀茂神社(賀茂別雷神社)の境内にある新宮神社という龍神様(水神)を祀る神社があります。

この神社は先ほどご紹介した貴船神社の元となったとされる神社です。

神宮神社の公式ページ

上賀茂神社の公式ページ

八坂神社(京都府)|本殿の下に龍神様が住む

八坂神社は京都で最も有名な観光地の一つで、祇園にある神社です。

この八坂神社は、龍神(青龍)が住まわれる池が地下にあり、その上にご本殿が建てられたといわれる神社です。

都の東に位置し、東の守護をする青龍が割り当てられるのですが、そもそもこの地は龍穴という大地のエネルギーが湧く場所という地相学上重要な地とされます。

この八坂神社は現在、ご祭神が素戔嗚尊(スサノオノミコト)ですが、これは明治時代の神仏分離令の際に変更されたもので、元は牛頭天王という様々なご縁起のある神様を祀っていました。

この牛頭天王は蘇民将来(茅の輪くぐりの起源)等様々な伝説がある神様ですが、伝説の中では、海龍神の第三后女の頗梨采女と結婚をします。

このように八坂神社は古くから龍神様と縁の深い神社です。

様々な伝承がありますが、八坂神社の龍穴は神泉苑という龍神伝説のある地とつながっているとされます。

八坂神社の地下から湧き出る御神水は「祇園神水・力水」と言われ、飲むと美貌を手に入れられるとも言われています。

八坂神社の公式ページ

天橋立(京都)

京都の天橋立は古くから神話の伝説も残る地で、日本で最も重要な家系図である海部氏系図でも知られる海部家が代々世襲する籠神社という神社がある地です。

これらのことから、古くから様々な霊験あらたかなお話が多く、最近ではパワースポットととして有名になっています。

天橋立の近くにある智恩寺では荒れ狂う龍神を抑えた導師である文殊菩薩をご本尊として祀ります。

また、天橋立には青龍が住むといわれ、籠神社には青龍殿もあり龍神伝説に関わる場所が多く見られます。

籠神社の公式ページ

智恩寺の公式ページ

石切劔箭神社(大阪府)|上之社に龍神様が祀られる

石切劔箭神社は大阪府内でも屈指の歴史ある神社です。

この石切劔箭神社には饒速日命(ニギハヤヒ)が祀られていて、「いわの神様」と言い腫物(癌や様々な病気)を直してくださる神様として有名です。

お百度参りでも有名ですが、石切劔箭神社では龍神様である八大竜王を祀っています。

この龍神様は実は、一般的に知られる石切劔箭神社の境内ではなく、石切劔箭神社上之社と呼ばれる、生駒山を登ったところに八代龍王社がありそこに祀られています。

私の家では石切さんの参拝は昔からしていて、私も少なくとも年に数度お参りしていますので知っていたつもりだったのですが、記憶のない時に行ったきりだそうで、かなり最近になって石切劔箭神社の上之社の存在について知り、そこに龍神様が祀られているということを知りました。

歩いて行くには少し遠いですので、石切劔箭神社からは電車もしくは車で行くことをおすすめします。

石切劔箭神社の公式ページ

二宮神社(兵庫県)|神戸の街中にある龍神を祀る神社

二宮神社の境内社の椋白龍社では白龍大神という龍神様を祀っています。

椋白龍社は昭和30年の創建ですが、この神社を創建するにあたって様々な人が白蛇の夢や、神戸の街中で突如出るとは考えにくい白蛇の出現を目の当たりにしたことからお祀りをしたという歴史があります。

元々、神戸の町の北にそびえる六甲山にある布引の滝には、龍宮につながるとされる滝壺があります。

そこには龍神伝説があり、二宮神社はこの布引の滝から流れる水でできた川の生田川の近くにある神社です。

二宮神社の公式ページ

熊野那智大社(和歌山県)|飛瀧神社(ひろうじんじゃ)

熊野三社の一つである熊野那智大社の社地にある那智御瀧をご神体にとした神社である飛瀧神社は龍神伝説の多くある熊野の地一帯の中でも有名な神社です。

飛瀧神社では、御瀧を大己貴命(オオナムチ)の現れとしてご祭神に祀ります。
※大己貴命とは大国主命(オオクニヌシノミコト)の別称

那智御瀧は古くから修験場として開かれ、多くの人が修行をしてきました。

有名な話で、花山法皇が那智御瀧で修行中、龍神様にお会いし如意宝珠という願いを叶える珠や鮑を授けられたという伝説があります。

那智御瀧の水は延命長寿の水とされ、飛瀧神社にご参拝し、御瀧が見れる観覧舞台に行くとそのお水をいただくこともできます。

熊野那智大社の公式ページ

長徳寺(三重県)|龍王桜と龍の鱗の伝承の残る地

三重県の長徳寺は、龍神伝説の残る淵と、その伝説にちなむ桜と非公開の龍の鱗があります。

龍神 神社 画像 龍王桜

(上画像「龍王桜」下画像「龍の鱗を祀っていた祠」)

龍神 神社 長徳寺 龍の鱗

長徳寺の龍神伝説について、ご住職にお教えいただきました。

長徳寺ご住職
龍王桜は今から500年程昔、このお寺の第8世大器用道和尚が門前の川の淵に住む大蛇を法力によって昇天させました。龍に姿を変えた大蛇がそのお礼として残した種から育ったと伝えられています。

この桜は室町時代から知られている古い品種で、フゲンゾウと呼ばれ、山桜やソメイヨシノより遅れて開花し、若葉を交えて咲き誇る様は美しく、仏画に描かれた普賢菩薩の高雅な粧にたとえられてます。

長徳寺は桜と紅葉の観光名所となっていて、最近では龍神様にゆかりのある寺院と言うこともあってか、御朱印の授与を受けられる参拝者も多いようです。

龍神 神社 長徳寺 御朱印

左下の龍王桜と右上の龍神の三宝印に淵鱗大龍王えんりんだいりゅうおうとかかれた長徳寺ご縁のある龍王様の御朱印です。

また龍の鱗は非公開となっているようですが、地元の伝説では村人が雨が降らず困っているところ、龍の鱗を一心に拝み雨が降ったという霊験あらたかな伝説も残ります。

長徳寺の公式ページ

松尾観音(三重県)|2頭の龍神様が住む池

三重県の松尾観音寺では、境内に2つの池があり、そこには雄龍と雌龍が住まわれるという伝説があります。

本堂に火災が起きた際、御尊像の十一面観音菩薩像を龍神様が守ったという伝説もある地です。

松尾観音寺の公式ページ

【九州】龍神が祀られる神社・寺院

九州には数多くの古代の信仰を残す地があり、それらの地に神社や寺院が創建され、龍神様と縁の深い神社・寺院が多くあります。

志賀海神社(福岡県)|龍の都と称される龍神神社

福岡県の北に浮かぶ島で、海神を祀る志賀海神社は龍の都と言われる神社です。

古くから龍神伝説があり、有名な話には、創建に関わる神功皇后の三韓出兵の際に龍神から宝珠をいただき、無事に三韓の平定をしたといわれます。

志賀海神社の公式ページ

神龍八大龍王社(熊本県)

古くから男龍と女龍が住まわれるという淵が境内にある龍神神社です。

龍神にまつわる場所は神龍八大龍王社の近くにもあり、一体が龍伝説の地と言われているようです。

神龍八大龍王社の公式ページはこちら

【中部】龍神が祀られる神社・寺院

北陸、東海、甲信の地域ではそれぞれに龍神伝説で全国的にも有名な逸話があります。

戸隠神社(長野)|九頭龍大神という龍神様を祀る

日本の龍神信仰の中心地とも言われる戸隠神社(とがくしじんじゃ)は九頭龍大神をご祭神に祀っています。

古くは比叡山・高野山に並ぶ修験道の地として全国の修験者が多く参っていたそうです。

この地には九頭龍の伝説がありますが、他にも日本神話の天岩戸伝説にまつわる伝説もあり、天岩戸にて活躍したアメノタヂカラオやオモイカネアメノウズメノミコトと言った神様が祀られます。

戸隠神社の公式ページ

毛谷黒龍神社(福井県)

毛谷黒龍神社は、北陸の地の暴れ川であった黒龍川(九頭龍川)を含む周辺の三河の治水などの祈願で創建された神社です。

黒龍・九頭龍が住まうとされた川の治水は1500年も前の話で、古くからこの地に龍にまつわる伝説があったそうです。

現在では、黒龍・白龍とされる高龗神・闇龗神をご祭神として、境内には龍神様が現れたという不思議な石「幸運の撫で石」があります。

毛谷黒龍神社の公式ページ

白山(石川/岐阜/福井県)|白山比咩神社等

日本三名山と言われる霊峰の白山は古くから信仰を集める神社です。

水神様・龍神様がおられる霊山として古くから信仰を集めて来た山です。

石川県・岐阜県にまたがる白山の信仰は登拝という山に直接参拝する修験道の聖地となりましたが、白山をご神体として祀り遥拝(ようはい)と呼ばれる遠くから眺めながら祈りをささげるという形式もあります。

石川県の白山神社総本宮の白山比咩神社はその一つと言えます。

白山比咩神社の公式ページ

八百富神社(愛知県)|龍神伝説のある竹島にある神社

八百富神社(やおとみじんじゃ)は愛知県の蒲郡にある竹島という国の天然記念物にも指定される島にある神社です。

日本七大弁財天と言われ、ご祭神は宗像三女神のイチキシマヒメをお祀りします。

境内には八大龍神社があり、日本神話の竜宮城に住まう豊玉姫(トヨタマヒメ)の父の豊玉彦命をご祭神とします。

竹島には、藤原俊成という平安時代歌人としても活躍した人の夢に、龍神が現れ、その夢のお告げの通り海に網を入れると、龍神のご尊体が海底から現れたという伝承があります。

八百富神社の公式ページ

池宮神社(静岡県)|龍神伝説のある桜ヶ池

静岡県の池宮神社(いけみやじんじゃ)の近くにある桜ヶ池には龍神が住むという伝説があります。

この龍神様は、平安時代に実在した皇円阿闍梨(こうえんあじゃり)という比叡山の大僧侶が龍となったとされます。

自らの苦行で悟りを開く事は難しく、人類で初めて悟りを開いたお釈迦様の入滅から56億7千万年後に人々に教えを授けるといわれる弥勒菩薩の出現を待つために水から龍に姿を変えて桜ヶ池に入定したとされます。

ご祭神は瀬織津姫という龍神様・龍神と縁の深いといわれる神様です。

池宮神社 静岡県御前埼市のサイト

【東北】龍神が祀られる神社

東北地方では全国的にも有名な龍神が住むとされる十和田湖のほとりに、その湖に住む龍神様を祀った十和田神社があります。

十和田神社(青森県)

十和田神社はご祭神が青龍大権現という龍神様で、神社の創建には2つのご縁起がありますが、一つは龍神様を祀ったというものです。

十和田神社が創建された縁起の一つが、南祖坊という熊野で修行をされた僧侶が夢のお告げで「百足の草鞋が破れた所に住むべし」とあり、諸国遍歴の末、十和田湖の湖畔で百足目の草履が破れ田と言います。

この南祖坊が来られた時の十和田湖には八つの頭を持つ大蛇が湖に住んでいたそうですが、南祖坊が九つの頭を持つ龍になりこの大蛇を退治し住まうようになったという伝説があります。

この南祖坊が変化した龍神を今も祀るといわれています。

龍神様を祀る神社の多くでは、水占いという占いの紙を水面に浮かべそこに浮かんだ文字を見るというものが有名ですが、十和田湖には占場と呼ばれる場所から「おより紙」(お金などを包んでひねったもの)を投げ入れて、それが水底に引き込まれるように沈むと願いが叶い、かなわない場合は浮いたまま波にさらわれるという占いの方法があります。

十和田神社のある十和田湖国立公園協会の公式ページはこちら

【中国・四国】龍神が祀られる神社・寺院

中国四国地方の龍神様にまつわる神社・寺院をご紹介いたします。

龍泉寺(岡山県)|龍神が住む龍王池が境内に

龍泉寺は奈良時代の創建とされる寺院です。

龍泉寺では八大龍王のご神体である龍王池があります。

この龍王池にまつわる龍神様の伝説は紀元前200年、吉備津彦命という四道将軍と言われる崇神天皇の御子のお一人がこの地の鬼を成敗していた時代のものとされます。

この吉備津彦命の部下がこの地に水を湧き出させると、その後そこに優鉢羅龍神(うはつらりゅうじん)という龍神様が飛来し、依頼この地の人々を守護しているとされます。

龍泉寺の公式ページ

田村神社(香川県)|龍寺様が神社奥殿の下に住まわれる

田村神社は飛鳥時代の創建とされます。

田村神社の奥殿の地下には深淵があり、この深淵には龍神様が住まわれているとされています。

この深淵を見た人は死んでしまうという言い伝えがあったり、夏でも奥殿はこの深淵から来る冷気の影響か、凄冷の気であふれていると言われています。

田村神社の公式ページ

龍神を祀る神社に行ったら

龍神を祀る神社や寺院は上記で紹介した以外にも全国各地にあります。

今後それらの情報も掲載していきます。

龍神を祀る神社や寺院によるとは思いますが、龍神にまつわる祝詞や、ご真言というものがあります。

それらについては以下でまとめていますのでこちらをご覧ください。

八大竜王/八大龍王とは|祀られる神社や仏教世界での意味・ご真言を解説

龍神祝詞とは?気になる効果や起源・歴史から日々の唱え方まで解説

龍神様を祀る神社や寺院に行き、龍神様のご加護に預かれることで、様々な願望成就のご利益に預かったという話は多くあります。

強い願望達成の気持ちを持って龍神様がおられるという神社や寺院にお参りして熱心にお願いしていることで、そういったご加護に預かれるかもしれません。

ぜひ、龍神様を祀る神社や寺院に行った際は、その帰りに空を見上げてみてください。

龍雲という龍のような姿をした雲が浮かんでいるかもしれません。

それらは古代から人々が龍のお姿で「吉祥や龍の加護の表れ」だと言われてきたものです。

龍神雲とも言われる龍雲についてはこちらで詳しくご紹介しています。

龍雲の意味とは|龍神雲とも言う形が龍の雲の様々な写真/画像をご紹介