寅の日とは|意味や2018/2019年カレンダーをご紹介!財布や宝くじの購入に最適!

寅の日,暦,吉日

寅の日とはどんな意味の吉日?2018/2019年カレンダー付

寅の日は金運を高める素晴らしい吉日として暦の中でも人気の日です。

暦にはいくつかの吉日が存在します。
最高の大吉日の天赦日一粒万倍日大安等々。

そんな吉日と寅の日が被ったらさらに金運を高める素晴らしい開運の日になることはご存知ですか?

今回は、そんな寅の日という暦の中の吉日にまつわる様々なことを解説します!

財布の購入や宝くじの購入にはもってこいの吉日ですが、結婚や入籍には実は向かないなど、気になるところも解説!

2018年の寅の日を早速確認したい方はこちらをクリックしてカレンダーをチェック!

2019年の寅の日を早速確認したい方はこちらをクリックしてカレンダーをチェック!

寅の日「財布購入にぴったり」の金運を高める吉日!

寅の日の本来の意味などは後程詳しく解説をしますが、まず何と言っても、

寅の日は「金運招来日」と言われることが現代では特に重視されています。

寅の日の寅は、ご存知の通り動物の虎です。
古来中国では虎の毛皮は金色をしていることから、金運を高める象徴として考えられたり、邪気などを追い払う神聖な動物でありました。

そんな虎の日ともいえる、十二支が「寅に当たる日」は私たちの金運を高めるため、お金を稼ぐこと、お金の運気に関わること、お金を支払うこと等々様々なことに良い日だとされています。

寅の日の意味

そもそも、「寅の日」とはどう決まるのかと言うと、

私たちの暦の上では十二支が一日一日を担当をするような形でそれぞれに十二支の動物が割り当てられてます。
その割り当てられた動物が虎の日が暦の上での「寅の日」と言います。

12日で一周するため、寅の日は月に2,3回巡ってくる日を指します。

この寅の日は金運を高める日だけではありません。

虎は中国の故事成語で「勢いが盛んな様」を表す

「虎は千里を往って千里を帰る(戻る)」

と言う言葉があるように、無事に帰ってくるという意味も持っています。

そのため、旅行の出発の日としても大吉日とされます。

しかし、この由来から、結婚や入籍、葬式の日には良くないものとされます。※ここは後述します。

ですので、寅の日は大変良い日ではありますが、気を付けなければならない点もあるということです。

2018年(平成30年)寅の日カレンダー(一粒万倍日や天赦日)

後程詳しく解説をしますが、寅の日だけでも素晴らしい吉日になりますが、さらに、一粒万倍日天赦日大安と重なると金運やその他の開運の面で大変すばらしい日になります。

ですので、以下のカレンダーではそれらの吉日も書いています。

1月 10日 22日
大安
2月 3日
大安
15日
天赦日
大安
27日
3月 11日
一粒万倍日
23日
一粒万倍日
4月 4日
一粒万倍日
16日
天赦日
28日
5月 10日 22日
大安
6月 3日
大安
15日
27日
7月 9日 21日
8月 2日 14日
26日
9月 7日 19日
大安
10月 1日
大安
13日
25日
11月 6日 18日
30日
12月 12日 24日

2019年寅の日カレンダー(一粒万倍日や天赦日)

1月 5日 17日
大安
29日
大安
2月 10日
天赦日
22日
3月 6日
一粒万倍日
18日
一粒万倍日
30日
一粒万倍日
4月 11日
天赦日
23日
5月 5日 17日
29日
6月 10日 22日
7月 4日 16日
28日
8月 9日 21日
9月 2日
大安
14日
大安
26日
大安
10月 8日 20日
11月 1日 13日
25日
12月 7日 19日
31日
大安

2017念の寅の日を知りたい方はこちら

+ 2017年の寅の日カレンダー

1月 3日 15日
27日
2月 8日 20日
3月 4日 16日
28日
4月 9日 21日
5月 3日 15日
27日
6月 8日 20日
7月 2日 14日
26日
8月 7日 19日
31日
9月 12日 24日
10月 6日 18日
30日
11月 11日 23日
12月 5日 17日
29日

 

寅の日にすると大吉!寅の日にすべきオススメのこと

それでは、寅の日にすると、吉とされるよいことについて見ていきましょう!

一つだけ注意ですが、暦はそれが宿命であると決めつけを行うものではありません。

大事に臨んだ時の吉凶や、行動に移すかどうかを悩んだ時に行動を移す指針とするものです。
また、九星や宿星と言った、皆さんが生まれ持つものと、日の吉凶を見るというのが吉凶を占う最善の方法ですので、あくまで参考程度に見てください。

財布の購入・使い始め

寅の日は金運を高めることから、財布の購入や使い始めといった新調によい日です。

さらに、財布の金運の効果を高めるなら、一粒万倍日という一つの行動が万倍になって返ってくるという素晴らしい吉日と寅の日が重なる日は金運の面で最高の開運の日と言えます。

また、財布寅の日は月に2,3回ありますが、季節で財布の購入に縁起のよい日があります。

春(張る)財布

字面の通り、春に財布を購入すると、お金で財布がパンパンに張るという意味を持ちます。

この場合の春は旧暦での春を意味し、新年の1月(新春)~二十四節気の夏の始まりである立夏の5月4日ごろに財布を購入すると良いとされます。

2019年の春に財布を買い替えてみては?

秋財布(実る財布)

秋のころに財布を購入するのもとても財布の金運アップに良いとされます。

これは、収穫の秋と言われる、実りの多い秋に購入する財布は実りの多い財布になると言われています。
また田んぼが黄金色に輝くことから、秋は金の季節とも言われてきたことからも、財布の秋に購入するのはとても縁起が良いとされます。

秋と言っても、これもまた古来の暦の二十四節気の秋分の日(9月23日頃)~冬の始まりの立冬(11月24日)までを指します。

財布の購入する時間に関しては寅の日の中でいつが良いとはありませんが、六曜の吉凶を気にしてもいいかもしれませんね。

また、風水では満月の日はとても運気を高めると言われていますので、満月の日も考えてもよいでしょう。

使い始めの時間も気にする人は、陰陽五行からくる風水の考えで、夜17時~23時に使い始めると良いとされています。

宝くじの購入等金運にまつわるものの買い物

また、財布のことばかり話しましたが、金運が上がる寅の日は、財布に限らず、お金に関わる物事にとてもよい日です。

一般には宝くじの購入にもとてもよいとされていますし、

寅の日は中国の虎がどこまで遠いところに行っても帰ってくるという故事成語から、「お金を使っても帰ってきてくれる」日と言われます。

ですので買い物なんかにも寅の日はとてもよいでしょう。

引っ越し

寅の日は旅行に良い吉日とされていることから、新しい家への旅立ち(=引っ越し)にも吉日であるとされます。

大安に引っ越しをするという人はいまだに多いですが、寅の日に引っ越しをしたいという人は少ないので、引っ越し業者も空いていることが多いと言われますし、実生活の面でも引っ越しに向いていますね。

一応、さらに気にするのであれば、引っ越しに関わる吉日や凶日についても気を付けるとなおよいでしょう。
参考:

三隣亡(さんりんぼう)の意味とは?2018/2019年カレンダー付で地鎮祭や引越しの参考に

天一天上とはどんな意味?2018/2019年の期間と引っ越しや掃除について解説

不成就日とは?2018年はいつかすぐわかるカレンダー付|天赦日や大安と重なる時も解説

納車

納車の日にも寅の日は吉日とされています。

寅の日はも物事の始めに向く吉日ですので、新しい車を迎える日の納車は寅の日を選ぶのも大変よいですね。

開業・開店

新しい商売、ビジネスを始める門出の日にも寅の日はとても吉日とされます。

この日はお金を使うこと自体がとてもよい日ですので、この日に開業ではなくとも、新しい事業へ投資をするなどにも吉日です。

借金やローンの契約

寅の日はお金が返ってくる日であると考え、借金を行うにも良いと一般には考えられています。

神社のお参り

寅の日は特に神社のお参りに良い日であるとは考えられていないようですが、金運を高める神社として名高い神社や商売繁盛の神社にお参りをするのは良いとも言われます。

いずれにしても、金運や旅立ち(交通)ということに関連することであれば寅の日を選んでお参りをするのもよいでしょう。

寅の日にやってはいけないことはある?

寅の日はとても良い日だとイメージがあると思いますが、実は寅の日に行うのは良くないと考えられる物事が複数存在します。

入籍や結婚式

これは、何度か出てきている、虎の故事成語から、「元に戻る」を、「元の家に帰ってしまう」という考えにつながり、離婚をしてしまうと考えられているのです。

葬式

葬式も同じ考え方で、死者を弔う(死後の世界へのお見送りをする)という葬式の日が寅の日だと、死者が帰ってくると言われます。

寅の日と他の吉日が重なるとどうなる?

寅の日が他の吉日と重なるとその開運の効果がさらに大きくなります!とお伝えしました。

具体的にどうなるのかを見ていきましょう!

寅の日と一粒万倍日

寅の日と一粒万倍日はとても相性の良い最高の日になります。

一粒万倍日とは

一粒の籾が万倍に実り稲穂になるという吉日。
種蒔きのほか、仕事始めや新規開店、お金の支出によい日とされる。
出典:歓喜宝暦 神霊館 榎本書店

とされ、何か良いきっかけとなる行動を起こせばその結果は万倍になると言われています。

そのため、寅の日と一粒万倍日が重なった日に金運に関わることや会社の創業等を行うと、大きく成功をするとされ大吉日になります。

ただし、一粒万倍日は仏滅等の凶日と被ると、悪いものも万倍にしてしまうとされていますので、注意が必要です。
詳しくはこちらをご覧ください。

一粒万倍日の意味とは!2018年のカレンダー(天赦日,寅の日,巳の日大安,母倉日等付)

寅の日と天赦日

寅の日と天赦日もまた、素晴らしい大吉日です。

天赦日とは

干支の組み合わせが最も良い最高の日であり、結婚や、商売の始め、など様々な物事を始めるのに相応しい日

結婚に関しては、寅の日がふさわしくないと考えられていますが、他の物事に関しては寅の日と天赦日が重なるととてもよい開運の日になります。

寅の日と大安

吉日として、多くの人がご存知であろう大安と寅の日の組み合わせも、とてもよい日になります。

ただし、結婚に関しては気にする方であれば、いくら大安であろうと、寅の日に行うのは良くないとして外すのが無難です。

大安についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

大安とは|大安の意味・行うと良い事や暦の上で大安の日より良い日を紹介

逆に寅の日と仏滅のような凶日は?

基本的には凶日に新しい物事を始めたり、大事を行うのはふさわしくありません。

一般的にはこのように考えられる凶日と、吉日である寅の日が被ったときは、開運の力が半減すると言われています。

ですので、寅の日を選んで何かをしたいと考える時、日をずらせるのであれば、寅の日と仏滅不成就日という凶日が被らない日に行動を起こすのが無難です。

仏滅や不成就日について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

仏滅とは|仏滅の意味や納車/引越し等の吉凶、午後から大安等俗説の真偽も

不成就日とは?2018年はいつかすぐわかるカレンダー付|天赦日や大安と重なる時も解説

寅の日まとめ

いかがでしたでしょうか?

金運を高めることから、多くの人に人気の寅の日ですが、結婚や入籍には向かないという面もありました。

 

暦はあくまで、皆さんの生活を支配するものではなく、補助的な役割をするものと考えましょう。

寅の日は12日に一度やってくるので、焦らに行動を起こすことも可能です。

また金運の上がる日は巳の日や一粒万倍日もありますので、寅の日だけでなく、そういった暦も生活に取り入れていってみてはいかがでしょうか?