生老病死とは|お釈迦様が説く意味・仏教の四苦八苦の教えについて

生老病死

生老病死とは|仏教の四苦八苦の四苦

生老病死とは実は仏教由来の言葉です。

生老病死は、ただ「生きる、老いる、病む、死ぬ」ではなく、

  • 生苦:生きる苦しみ
  • 老苦:老いる苦しみ
  • 病苦:病む苦しみ
  • 死苦:死ぬ苦しみ

4つの人生で避けることができない根源的な苦しみのことを意味する言葉です。

四苦八苦という四字熟語を聞いたことがあると思いますが、実はこの四苦に当たるのが「生老病死」です。

生老病死の読み方は「しょうろうびょうし」

生老病死では、生を「しょう」と読みます。

ここからは、生老病死という人生の苦しみを乗り越えるためにはどうすればよいのか、その答えを悟ったお釈迦様の言葉や、生老病死の意味についてさらに詳しく見ていきます。

生老病死の意味(お釈迦様の見解)

生老病死の意味は、先ほど見た通り、生苦(しょうく)、老苦(ろうく)、病苦(びょうく)、死苦(しく)の4つの苦しみのことです。

生老病死の苦しみを含み、仏教の苦しみと言うのは「思い通りにならないこと」「自由でない境地にいること」を意味します。

老いることや、病気にかかる苦しみ、また人はだれでも死ぬという究極的な苦しみは、どれだけ頑張っても今の科学では乗り越えられない、「思い通りにならない」ことの代表ともいえます。

老化防止、病気の予防などなどどれだけ徹底しても、老病死を避けることはできません。そして、自分が醜くなること、病気で苦しむこと、死が迫ることに対する苦しみにどんな人も少なからず苦しむのではないでしょうか。

では「生きる苦しみ」とはどういう意味なのかについて詳しく見ていきます。

生老病死の生|生きる苦しみとは

仏教では、一切皆苦(いっさいかいく)とも言いますが、この世のすべては苦しみなのだという考えからスタートします。

仏教では生きること自体苦しみだというのです。

もちろん楽しいこと、嬉しいこと、幸せなこと、それらが存在しないと言っているわけではありません。

ただ、それらの楽しいこと、嬉しいこと、幸せなことはいつまでも続くわけではなく、さらにそれらポジティブな感情が大きければ大きいほどネガティブな感情、つまり苦しみを生み出すと考えます。

例えば、とても気の合う友達や恋人、好きなことを想像してみてください。

その友達といると(好きなことをしていると)、いつも楽しく、最高の気持ちだと思います。もしそんな友達や恋人、好きなものが突然この世から失われるとしたらあなたはどう感じるでしょうか。

最高の気持ちは一転、最悪の感情を生むと思います。

好きな気持ち、楽しい気持ちが強ければ強いほど、苦しみが大きくなるのです。

これは一つの例ですが、大なり小なり、私たちの生活のあらゆる感情は苦しみに通じていると考えられます。

そして、老病死という人間として生きていると絶対に避けては通れない苦しみとも私たちは直面します。

このような苦しみばかりの世の中であるのなら、「生きること」それ自体がもはや苦しみなのだというのが、生の苦しみということです。

四苦八苦|生老病死を含む仏教の教える苦しみ

四苦八苦の四苦が「生老病死」となりますが、それ以外に仏教では4つの苦を入れて、全部で8つの避けられない苦を挙げます。

四苦八苦は、12の苦しみではなく、全部で8の苦しみということなのですが、残りの4つの苦しみについてもご紹介いたします。

愛別離苦(あいべつりく)

愛別離苦とは、先ほど好きな友達や恋人との別れの苦しみという例もありましたが、「愛する人と離れることの苦しみ」を意味します。

人に限らず、ペットでも、モノでもあらゆる愛着の湧いた対象との別れはつらいものです。

愛別離苦についてはこちらで詳しく解説しています。

愛別離苦とは|意味や読み方,お釈迦様が説く乗り越える方法を解説

怨憎会苦(おんぞうえく)

怨憎会苦とは「憎い人、腹が立つ人と会うことの苦しみ」を意味します。

人はよほどのことがない限り、社会の中で生きていて、他人と関わり合いながら生きていきます。

会社の上司や部下、学校の腹立たしい人という同じコミュニティで、そのような出会いたくもない人間と出会ったり、買い物先の店員、道端の人、いたるところで嫌な思いをさせるような人と出会うことがあります。

それらは避けようと思っても、突然やってきて「憎い、腹立たしい」という感情を生み私たちを苦しめます。

求不得苦(ぐふとくく)

求不得苦とは「求めたものを手に入れることができないことの苦しみ」を意味します。

努力しても手に入れられなかったモノ、栄冠、地位、財産などなど、私たちの生活で求めて努力をしても、それが手に入るとは限りません。

強く欲しいと求めたものを手に入れられなかった時、強い気持ちがあればあるほどその苦しみは大きくなります。

五蘊盛苦(ごうんじょうく)

五蘊盛苦とは「私たちの心と体は苦しみ、この世の一切のものは苦しみ」ということを意味します。

五蘊(ごうん)という言葉が少し難しく感じると思いますが、これは簡単に言うと、心と体のことです。

この理解について、経典では「五蘊という心と体はすべて無常(消えていくもの)であり、無常ということは苦しみということ」と説かれています。

「私たちの心と体である五蘊が苦しみなのだ」と言われても、意味が理解しにくいと思いますので、少しかみ砕いて解説しますと、

「私たちのもの」と考えている私たちの心と体という存在は、私たちの思い通りには動きません。

老いること、病にかかること、死ぬこと、どれも私たちの体が私たちの思った通りではありません。むしろ望みとは反対に変化していきます。

全ては変化していくということを諸行無常と仏教では言いますが、思い通りにならない心と体も実は苦しみ、苦しみを生むものなんだということなのです。

五蘊や五蘊盛苦についてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

五蘊とは|意味や五蘊盛苦/五蘊皆空等の仏教用語をわかりやすく解説

また、四苦八苦についてはこちらでも詳しく解説しています。

四苦八苦の意味とは|語源となる仏教の教えや四苦八苦するの使い方など解説

生老病死と仏教の捉え方

生老病死という避けられない苦しみを乗り越えるために、仏教は教え(=お釈迦様の教え)を説いています。

まずはお釈迦様が実際に言ったであろう言葉に近いと考えられる初期のころの経典でのお釈迦様の言葉をご紹介します。

生老病死とお釈迦様の言葉

生老病死に関係することについては一言でまとめられないほど、お釈迦様はたくさんの言葉を残しています。

これらは修行者(出家をした人)に向けられた言葉であり、それを聞いて全ての人の生老病死の苦から解放するような魔法の言葉ではありませんが、ふと自分の生活を見直すきっかけになるのではと思います。

『「われらは、この世において死ぬはずのものである」と覚悟をしよう。-この断りを他の人々は知っていない。しかし、人々がこのことを知れば、争いはしずまる。』(Dnp.6)

よく生きることと、よく死ぬこととは、表裏の関係にあるのである。

出典::原始仏教の思想Ⅰ 中村元 春秋社

当たり前のことではあるのですが、普段生きていると”いつか”死ぬということは、何となく理解していても、その”いつか”が今日、明日かもしれないと意識することはありません。

健康であれば十年後かもしれないし、二十年後なのかもしれないし、いつになるかわからないとは言っても、死は遠い先のことに感じてしまっているのではないでしょうか。

死を忘れ、近くにある幸せな人達との人生を楽しんでいるときに、覚悟をしていない死や病が突然やってきて「なんて苦しい人生なんだ」と感じてしまうのではと思います。

だからこそ、「人は死ぬはずだ」と知って、覚悟をしようとおっしゃいます。

『学ぶことの少ない人は、牛のように老いる。かれの肉は増えるが、彼の知慧は増えない。』(Dhp. 152)

出典::原始仏教の思想Ⅰ 中村元 春秋社

ただし、お釈迦様は生老病死の苦しみ以外にも苦しみばかりだと思って何もしないで諦めることが良いのではなく、その苦しみの世界の中で、苦しみから逃れる努力、知慧をつける努力をしなさいとおっしゃいます。

お釈迦様が説く生老病死を乗り越える知慧とは

仏教の教えと言うのは、詰まるところ、生老病死を含む様々な苦しみから逃れる知慧とはなにか、そしてそれを得るためにはどうするべきかというものです。

生老病死の捉え方、死生観と言ったものとは違い、この世の真理を知り、どのようにこの世を眺めるのか、そしてそのために正しい努力をするという考え方が説かれています。

ここで書くと長くなるので、どんな教えがあるのかについて簡単にご紹介いたします。

気になる方は、それらの教えについて解説したページをご覧ください。

仏教の教えを3つ、もしくは4つの言葉でまとめた三法印(四法印)

一切皆苦を除いた3つを三法印、それを入れると四法印と言います。

一切皆苦の意味とは|諸行無常同様仏教の最重要項目。四苦八苦等も解説

諸行無常の意味とは|平家物語の”諸行無常の響きあり”の意味も含め簡単に解説

諸法無我とは|意味や簡単にイメージできる例で説明。諸行無常との関係とは

涅槃寂静の意味とは仏教の最終目標|読み方/概念をわかりやすくご紹介

この世は苦しみばかりであり、その苦しみをなくすためには私たちの欲望(煩悩)をなくせば良い、など仏教の基本の4つの教え

苦しみをなくすための実践すべきこと

四諦(四聖諦)とは|仏教の言葉の意味を八正道も含めわかりやすく解説

八正道とは|仏教の説く実践すべき8つのことの意味をわかりやすく解説

六波羅蜜とは|波羅蜜の意味と共に布施,持戒,忍辱,精進,禅定,智慧を解説